ushumpei’s blog

生活で気になったことを随時調べて書いていきます。

給与明細に書かれている「控除」

概要

今後の身の振り方に悩んだ結果、お金のことをおろそかにしていてはいけないと考え、まずは給与明細をじっくり眺めてみました。

勤怠だったり支給だったりはわかる、でも「控除」の部分に引っかかる。各種保険料、税金が引かれている。確かに名前は知っている、でもこれらは実際なんなのだろう?

そんな疑問が湧いたので、無知な自分に驚愕しつつ、

健康保険、雇用保険、厚生年金、所得税

のメモを残します。

社会保険

健康保険、雇用保険、厚生年金は社会保険に含まれます。 会社員であれば会社が社会保険の一部を負担してくれています。 内訳は以下になります。

  • 健康保険:医療費を負担してくれる保険。会社員は健康保険、自営業は国民健康保険に加入。
  • 雇用保険:失業中に使える保険。職探し中の生活費的な基本手当のほか、教育訓練給付等あり。
  • 厚生年金:国民年金に上乗せした年金。会社員は厚生年金払っているため国民年金も払っている。自営業は基本的に国民年金払えばいいはず。

40歳以上になると給与明細に介護保険が記入されます。社会保険としては健康保険に含まれるもののようです。 また他にも社会保険には、労災保険というものがあり、しかしこれは会社が負担するもののようです。

所得税

基本は収入に応じた累進課税源泉徴収など考えなければいけないことが多そうで、今後調べる必要がありそう。

感想

聞きかじった情報から受けたイメージを羅列しているだけなので、もしかしたらこの記事は役に立たないかもしれません。

たぶん単語のリンク踏んだほうがちゃんとした情報が書いてあると思います。

でも、自分的には単語覚えただけでも良し、ちょっとマシになった!